高価買取・高額査定のポイント

高価買取・高額査定のポイント

 

実際に着物の処分は捨ててしまっている方も多いそうです。
着物は捨てずに売る(リサイクル)のがおススメ。
そして少しでも高価買取・高額査定してもらうためのポイントを紹介していきます。

 

着物,高価買取,高額査定,ポイント

 

 

着物を売るなら早く売ってしまおう!

 

人気のある着物や伝統工芸の着物や人間国宝物の着物などは高値が付くことがありますが
着物を着ないとなったら、早く売るようにしましょう。
自宅のタンスで保管しておくと、日本特有の湿気によって、カビが生えたり虫に食われたりと
着物がだんだんと傷んできます。
早いサイクルで売却することが、高値で売却できるポイントになります。

 

 

かけはぎ、かけつぎは行わない。

 

虫に食われたものや破れが生じたものは自分で直さずにそのままの状態で査定に出してください。
自分で直したりすると、その着物の風合いなどが損なわれることもあるので、注意が必要です。
また専門業者に頼むことも2000~4000円程度かかるので、そのままで査定に出しましょう。

 

 

 

着物専門店で売る

 

リサイクルショップなどで売ってしまうと着物の価値がわからずに、安い値段で買い取られてしまう
ということがよくあります。有名な銘柄の着物などは、リサイクルショップは使わずに、
着物買取専門のお店を利用した方が高額で査定してもらえることが多いです。
着物専門店には着物の鑑定のプロの方が在籍していますので、良いものがわかるということですね。

 

 

 

着物のコンディションを保つ

 

和服を着た後にはクリーニングに出すなどして、コンディションを保っておくことも高値で査定される
要素のひとつとなります。新品に近い綺麗な状態のものであれば、中古品だったとしても、
買ってもいいなと思えます。使用すると汗をかいたりもしますので、保管しておく際にはクリーニングに
出したりきれいな状態で保管しておくことをお勧めします。

 

着物,高価買取,高額査定,ポイント

 

 

まとめ

 

着物の高額査定・高額買取のコツについて調べていきました。
最近は和服を買い取ってくれるリサイクルショップもあるということですが、和服は着物専門店で
お願いした方が高額な値段が付くことが多いということです。
オークションやフリーマーケットで目利きのできる人に売るという手もありますが
個人で探すのはなかなか難しいですし、着物の出品も山ほどあるので、その中で自分の着物が
見てもらえるのかもなかなか難しくなっています。
着物は一回着たら、クリーニングに出してよい状態で保存して、早めに売却することが高値で売れるコツ
の様子です。
30~40年前の古い着物などをいただくこともありますが、なかなか値段がつかないこともある様子で
自分で素材や銘柄などと調べてから査定に臨むといいかなと思っています。

 

トップページへ