振袖の歴史

振袖の歴史

 

 

色あでやかで、とても優美な振袖。七五三や成人式で着た方も多いのではないでしょうか?
最近は柄の種類も豊富で、色もどんな色でも揃っています。では、振袖が出来た頃はどうだったのでしょうか・・・。
振袖の始まりや特徴をお調べしてみました。

 

振袖の歴史

 

 

振袖の始まりは・・・?

 

 

今のような振袖の形になる前に、元になったと言われている物があります。それは、鎌倉時代後期の子供用の小袖です。
その小袖は、体温を逃すために振り八つ口を開けていたと言われています。
それが、振袖の原型だとされています。

 

そして、現在の振袖の形の始まりは、江戸時代初期といわれています。
子供や若い未婚の女性が着ていました。

 

なぜ袖が長くなっていったかというと、諸説はありますが、江戸時代に世の中が文化や芸能に対する関心が高まったことにあります。娘に歌や舞踊などを習わせる習慣ができ、華やかさや身振りを美しく見せようとする為に、袖が長く大きくなっていったと言われています。

 

それから明治時代以降の振袖は、主に婚礼のお色直し衣装や、女性の正装として考えられるようになりました。
成人式に振袖が着られるようになったのは、昭和20年頃から全国各地で成人式のセレモニーが行われるようになってからになります。
だんだんと振袖で出席する女性が増え、定着していったと言われています。

 

 

 

振袖の特徴

 

みなさんご存じのように、振袖の特徴はやはり袖がとても長いという事です。そして、その袖の長さによって、下記の3つに分類されます。

 

 

 

・大振袖・・・袖丈114p前後
・中振袖・・・袖丈100p前後
・小振袖・・・袖丈85p前後

 

 

現在、成人式や結婚式に着用される振袖は、ほぼ大振袖です。一番長さの短い小振袖はほとんど着用されていません。
振袖の格は、袖が長いほど高くなると言われ、やはり格式のある式典に出席する場合は、大振袖がふさわしいとされています。

 

また、振袖の柄はお祝いに向いているおめでたい絵柄が使われています。松竹梅や鶴亀など、おめでたさを表す物や長寿を願う物、青海波などの幸せが広がるという波模様などが入っているものが多く、慶事向きだと言えます。

 

結婚式や成人式に振袖を着ていく事は、主催者に敬意の表れとも言え、振袖は未婚の女性の第一礼装と位置付けられています。是非、未婚の間に積極的に着用して、おめでたい席を華やかにしたいですね!

 

振袖の歴史

 

 

振袖の歴史のまとめ

振袖は、未婚の間は大振袖で着用して、結婚後は袖を短く切って着用することもできます。また、大振袖のままで置いておいて、自分の娘や孫に受け継いでいくことも出来ます。振袖は、日本独自の伝統文化です。長く大切に残していきたいですね。

 

振袖の歴史

 

 

着物買取トップページへ