着物の各部の名称

着物の各部の名称

着物の各部分の名称となると、なかなか聞きなれないかもしれませんが、着付けの時など覚えておくと便利です。
一緒に勉強しましょう!

 

 

 

身丈〜掛け衿まで!

 

 

「身丈」・・・みたけ。着物の肩から裾までの長さ。身長と同じくらいになります。身丈からおはしょりを引いた長さは「着丈(きたけ)」といい、長襦袢やコートなどの寸法はこちらになります。ただし、男性用はおはしょりがないので、「身丈=着丈」となります。

 

「肩山」・・・かたやま。着物の肩の一番高い部分で、前身頃と後身頃の折り目の山のこと。

 

「裄」・・・ゆき。背中の中心の最上部から袖口までの部分。

 

「衿」・・・えり。首回りを囲んでいて、前胸元で交差する細長い部分。

 

「衿幅」・・・えりはば。衿の幅。幅の広さによって名称が3種類あります。11cm位が広衿(ひろえり)といい、女性用の着物に用いられます。男性用の着物や浴衣は5.5cm程で棒衿(ぼうえり)といいます。また、長襦袢に用いられる撥衿(ばちえり)は、背中心から衿先にかけて自然に広がった形をしていて背中心で5.5cm、衿先で7.5cmとなっています。

 

「衿さき」・・・えりさき。衿の先端部分

 

「衿下」・・・えりした。衿の下から裾までの部分。褄下(つました)や竪褄(たてづま)ともいう。一般的に身長の半分程度の寸法となります。

 

「掛け衿」・・・かけえり。共衿(ともえり)ともいい、衿の汚れを防ぐために衿の上につけた衿のこと。

 

 

 

 

 

前幅〜上前まで!

 

 

「前幅」・・・まえはば。前身頃の裾の幅、長さ。後ろ見頃の裾の幅は「後幅(うしろはば)」といいます。

 

「袖山」・・・そでやま。袖の上端部分。

 

「袖付け」・・・そでつけ。袖と身頃を縫い合わせた縫い目。

 

「身八つ口」・・・みやつぐち。身頃の脇、袖付の下の空いている部分。男性用の着物にはありません。

 

「袖丈」・・・そでたけ。袖の長さ。一般的には50cmほどですが、振袖などは100cmを超える物もあります。

 

「振り」・・・ふり。袖付から袖の底の部分までの、空いた部分。

 

「上前」・・・うわまえ。着物を着て前を合わせた時に上になる部分。下になる部分は「下前(したまえ)」。

 

着物の各部の名称

 

 

 

衽〜抱き幅まで!

 

 

「衽」・・・おくみ。前身頃に縫い付ける細長い布。

 

「衽下がり」・・・おくみさがり。着物の肩山から衽先までの部分。

 

「裾」・・・すそ。着物の腰より下の部分。または、着物の下の縁。

 

「背中心」・・・せちゅうしん。着物の背中の真ん中で、衿から裾まで、まっすぐに左右の後ろ見頃を縫い合わせている縫い目。

 

「褄先」・・・つまさき。衿下と裾がである角の部分。

 

「合褄幅」・・・あいづまはば。着物の衿先の付止まりでの衽の幅のこと。

 

「剣先」・・・けんさき。衽の上端で片山に一番近いところで剣の先のようにとがった部分。

 

「抱き幅」・・・だきはば。身八つ口の下の位置から衽付の縫い目までの横幅のこと。

 

 

 

 

着物の各部の名称

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
初めて目にした名称や、「身丈」「着丈」など少し紛らわしいものなどあったと思いますが、着物や浴衣などを着る時に、きっと役に立つので、全部は難しくても、「身丈」「裄」「衿」などは覚えておくとよいでしょう。

 

トップページへ