着物の豆知識

一言で着物と言いましても色々な種類があります。
そこで着物の豆知識として、着物の格や着物にはどんな種類があるのかをお伝えします。

 

着物の豆知識

 

 

 

普段着の着物

 

1. 木綿の着物
木綿を着物の生地として用いています。かつて普段着として一番親しまれてきた着物です。
肌触りがよく、お手入れが簡単です。
今は、生産量が減少し、とても高価な価格がついていることもあります。

 

2. ウールの着物
羊毛を着物の生地としています。しわにならないのでお手入れが楽です。
昭和時代に流行りましたが、今でも、柄もレトロなものなど種類も豊富で、十分楽しめます。

 

3.化繊の着物
化学繊維の着物を生地として用いています。家庭で洗えるので、お手入れが楽です。
おしゃれなデザインも多く、さらに価格も安価であるため、洋服感覚で楽しむ方が増えています。

 

4. 紬(つむぎ)
先染めの平織りの着物です。多くの工程が手作業で行われるので、とても高価です。
普段着の着物高級品です。

 

5. 小紋(こもん)
反物全体に模様が繰り返しつけられた着物です。
普段着の着物ですが、江戸小紋は色無地と同等に扱われます。

 

6.浴衣(ゆかた)
木綿が生地に用いられています。最近は麻を混ぜたものやポリエステルを用いたものもあります。
着付けも比較的安易で、現在最も親しまれている着物です。

 

着物の豆知識

 

礼装用の着物

 

1. 振袖(ふりそで)
未婚女性の第一礼装です。(成人式、卒業式、結婚式)

 

2. 留め袖(とめそで)
黒留袖と色留袖があります。黒留袖は既婚女性の第一礼装です。(用途:結婚式)
色留袖は未婚者でも着用できます。(用途:結婚式・お茶会など)

 

3. 色無地
合わせる帯により、格が変わるため、利用範囲が広い着物です。
袋帯を合わせるとお茶会など、黒共帯を合わせると、通夜や法事に着ていくことができます。

 

4. 喪服
喪の第一礼服着物です。告別式に着用します。

 

5. 訪問着
未婚既婚関係なく着ることができます。留袖や振袖に次ぐ正装の着物です。

 

着物の豆知識

 

 

帯の格について

 

 

 

最上格帯・・・袋帯
中間格帯・・・名古屋帯
最下格帯・・・半巾帯

 

 

黒留袖や訪問着といった礼装に合わせる帯は一番格が高く、普段着に合わせる帯は格が低くなります。
袋帯は、お祝いの席で着る着物に合わせるので、二重太鼓ができる長さが標準となっています。
袋帯は二重太鼓を結ぶように考えられているため、手先部分とタレから胴回り一周分だけ柄のある
六通柄となっています。

 

 

着付けに必要なもの

 

着物を着付ける際に必要なものをご紹介します。

 

長襦袢・・・着物と着丈の長さが同じになっています。
肌襦袢・・・肌に直接着る下着です。ガーゼが多いです。
裾よけ・・・季節によっては素材を変えることもあります。
足袋 ・・・レース柄などもあります。
衿芯 ・・・長襦袢の衿を綺麗に形作るためのものです。
半衿・・・白・刺繍・色・柄などがあります。
帯板・・・帯をきれいに見せる板です。
帯枕・・・太鼓結びをするときに使います。
腰紐・・・着物のメインの紐です。着付けをする際の仮紐としても使います。
伊達締め・・・紐を絞めた後に、安定させるために使う紐です。

 

 

 

 

着物の豆知識まとめ

 

着物の豆知識として、着物の種類についてお伝えしてきました。
着物にも格があって、TPOに合わせて着こなしを変えることが必要になってくるのですね。普段着物を着るときには、ウールや化繊素材のもので
帯も名古屋帯や半巾帯でいいと思います。
着物に必要な小物などは一通りそろえておくといいですね。

 

江戸時代などには着物を着ている人が多かったと思いますが、現代ではあまり着物で過ごす人というのは見かけなくなりました。
しかし、安くて可愛い着物もたくさんあるということで、普段着の着物は着てみたいものを探してみるのもいいなと思いました。
成人式や結婚式で着る振袖などは第一礼装なのですね。
お正月には振袖を着るという人も多く見かけます。
可愛い着物をきて初詣にいくのもいいですね。

 

50年くらい前には、花嫁道具には着物一式が入っていることも多かった様子ですが
今ではあまり見かけなくなりました。着物を自分で着れるともっと着物を着る機会も増えるかもしれません。

 

着物の豆知識

 

 

トップページへ