呉服センターの特徴

呉服センターの特徴

京都高級呉服センターは京都で呉服のみを取り扱ってきた呉服センターです。
二代目のオーナーは特選着物コレクションという着物の美術館サイトを運営するほど着物が大好きで
多くの着物のコレクターです。

 

呉服センターの特徴

 

 

呉服センターの申し込み方法

 

京都高級呉服センターは京都で創業50年の着物専門の買い取り業者です。
着物コレクターの店主が運営しているお店であるので、着物の価値のわからない人であっても
確かな査定眼で大切な着物を査定してもらうことができます。

 

京都高級呉服センターでは宅配買取と訪問買取と店頭買取の三種類の買取方法があります。

 

宅配買取では、日本中どこからでも送ることができます。
着払いで送ることができるので、発送料もかかりません。
丁度いい段ボールがない場合には、梱包用の発送キットをもらえますので、電話で申し込みを
行ってください。
運転免許証のコピーなどの身分証明書の写しと着物を入れて着払いで送れば完了です。

 

訪問買取の場合は、着物が多い時などにはおすすめします。出張料も無料で対応してくれます。

 

 

 

呉服センターでの買取について

 

シミや汚れ、傷のあるものは、買取できないこともあります。また、化繊やウールの着物も査定額には
あまり期待はできません。着物であっても、正絹のものは高額で買い取ってくれる可能性はあります。
また、どんなサイズにも仕立て直しのできるような丈の長いものや、人気の柄などは高額で買い取って
もらえる可能性があります。呉服センターでは目の肥えた査定員が査定を行っていますので、
高級品の着物の査定を行う場合などは呉服センターをお勧めできます。
宅配買取であった場合にも、出張買取に出かけている場合を除いて、
1営業日中に買い取りセンターから連絡があります。

 

呉服センターの特徴

 

呉服センターのまとめ

 

京都高級呉服センターの特徴について調べていきました。
着物を専門にして50年間査定を行っている会社であり、オーナーも着物の博物館を持つほどの
コレクターというこということで、高額な着物などの査定にはぴったりの会社ではないでしょうか。
形見分けや母や祖母からとっておくようにと言われた着物などは、京都呉服センターで査定を
行ってもらうのもいいかもしれません。
必要なくなった反物や着なくなった帯なども買い取ってもらえるということです。
レアな作家の作品だと価値が正確に判断されずに、安い価格で査定されてしまうこともありますが
京都高級呉服センターであれば、着物の価値を正確に判断してもらえるかもしれません。

 

呉服センターの特徴

 

 

トップページへ