季節ごとの着物の装い

季節ごとの着物の装い

 

着物は季節によって、
10月〜5月に着る「袷」、6月〜9月に着る「単衣」、7月〜8月の盛夏に着る「薄物」に分けられます。

 

季節ごとの着物の装い

 

 

季節ごとに変わる着物の装いについて

 

1月〜3月は、袷の着物を着て、コートや羽織を合わせます。
桜が咲くころには、羽織を脱いで軽やかに、5月は暑くなれば単衣の着物を着始めます。
小物類は、袷の着物用のものを使用してください。
6月の衣替えでは、すべて単衣用にします。
7月、8月は、盛夏の装いに、薄物を着て涼し気に装います。
9月は再び、単衣の着物を着用しますが、装いで秋らしさを取り入れましょう。
10月の衣替えでは、袷の着物を着て、秋を楽しみます。
紅葉が赤く色づき始める11月頃に、羽織を出し、12月頃には防寒用コードで暖かくしましょう。

 

季節ごとの着物の装い

 

 

季節ごとの着物の種類

 

袷の着物とは、裏地となる胴裏と八掛をつけて仕立てた着物です。
透けない生地を表地に使っています。
着物の色や柄、模様によって、春秋冬それぞれの雰囲気を出しています。

 

単衣の着物とは裏地をつけずに仕立てた着物です。
単衣の着物でも、薄物のものだと、透け感のある生地が使われます。
見た目にも清涼感が出ます。

 

最近では5月でも暑い日があったり、9月でも残暑が厳しいときがありますので
お茶会やフォーマルな席以外であれば、気温に合ったものを選んでもよいです。
ただし、季節の見分けがつく半衿や帯揚げは季節にあったものを取り入れてください。

 

絵柄は季節を少しだけ先取りするのが粋です。
二月に咲く梅模様は1月に、浴衣は6月半ばからOKです。
9月にも、いかにも夏の浴衣などの生地や柄は感覚的にNGとなります。

 

 

 

まとめ

 

季節ごとの着物の装いを調べていきました。着物も洋服と同様に季節ごとに、生地の暑さや薄さ
暖かそう、涼しそうという色合いや、季節ごとの柄などあるということが分かりました。
その季節に合った着物を選ぶことで、着心地もよく快適に過ごせますし、見た目も季節感を
感じられていいですね。7~8月の盛夏時期には、透ける素材の着物を着たり、麻などでしつらえた
着物を着ると涼しく快適に過ごせます。小物は6~9月は、絽、紗、麻のものを中心に
コーディネートするといいです。基本的な季節のルールを知り、その上で、
その日の天候に合わせたコーディネートを心がけることが大切になってくるということでした。
季節は先取りすることが着物を着る上ではオシャレだといわれる様子です。
9月に浴衣を着るのは、無粋ということになりますので、9月の残暑が厳しい日に浴衣を着るのは
やめたほうがいいですね。

 

季節ごとの着物の装い

 

トップページへ