季節ごとの着物の装い

着物をお手入れする際のポイント

着物を自宅でお手入れする際のポイントを紹介していきます。

 

季節ごとの着物の装い

 

 

 

着物をお手入れするポイント

 

1.虫干しをする。

 

年に1回虫干しをしましょう。虫干しとは、着物が最も嫌う湿気から着物を守る効果を期待するために
行われます。よく晴れた日に、着物を着物ハンガーやハンガーにかけて、風通しがよく直射日光の当たらない
場所に吊るして干します。このとき、着物を干して湿気を取り除くだけでなく、着物が入ってたタンスなども
開放しておいて湿気を取り除くようにします。着物をしっかり乾燥させることで、着物のもちも良くなりますので虫干しは最低1年に1回はやったほうがいいお手入れ方法です。

 

 

2.汚れやしみのチェックは頻繁に。

 

着物のお手入れをするタイミングは着物を脱いだ時です。
洋服のように脱ぎっぱなしにしてはいけません。着物は脱いだら着物ハンガーにかけるなどして
干してください。
干すことで、汗や湿気が取り除かれるだけでなく、シワも伸びますので、
着た後に、着物を干すというのは重要なポイントです。
ハンガーに着物をかける際には、着物に傷やしみがないかのチェックも行いましょう。
汗しみやよごれ、泥はね、たべこぼしなどがあると、しみになってしまい、取れなくなってしまう可能性も
あるので注意が必要です。

 

着物は着たあとが一番湿気などを含んでいますので、干して汗や湿気をよく乾かすことが重要です。
そのまま片付けるとカビの原因にもなってしまいます。
着物の湿気があまりにもひどい場合には、一日干して、クリーニング店で汗取りをしてもらいましょう。

 

季節ごとの着物の装い

 

汚れを落とすには?

 

食事の食べこぼしやお化粧品がついてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか。
ここで大活躍なのがベンジンです。油汚れや皮脂汚れに効果的です。
ベンジンを布にとって、たたくようにして汚れを落とします。
このとき、擦ったり拭いたりはしないようにしましょう。生地が傷んでしまいます。

 

 

 

まとめ

 

着物をお手入れする際のポイントについて調べていきました。
着物を脱いだ後は湿気を多く含んでいるので、着物ハンガーにかけてよく乾燥させることが重要です。
着物をそのままたたんで片づけてしまうと、カビの原因となるので必ず一日は干して
汗や湿気を乾燥させるようにしましょう。
また干しているときに、シミや汚れなどのチェックも一緒に行うといいです。
化粧品や食品などで汚れた場合には、ベンジンで叩くようにシミを落とすことが大切です。

 

季節ごとの着物の装い

 

着物買取(リサイクル)トップページへ