振袖の豆知識・歴史

振袖の豆知識・歴史

振袖は、未婚女性の第一礼装です。
袖丈の長さにより、大振袖・中振袖・小振袖に分けられます。
振袖が未婚女性の第一礼装になったのは、江戸時代初期の踊り子の風俗になります。

 

振袖の豆知識・歴史

 

振袖の歴史

 

江戸時代より前には、10代の男女ともに振袖を着用しており、10代は体温が高いために
体の熱を外に発散されるようにとわきの大きく空いた振袖を着ていました。
それが、袖が長いことに注目されるようになったのは、江戸時代からです。
当時の踊り子たちが、袖を振って愛情表現を表していたのが、由来です。
袖を振ることによって愛情を表現したり、袖にすがることで哀れみを表現したりしていたのを
若い未婚女性がマネするようなり、振袖の袖を振ることが大流行しました。
それ以降、振袖は未婚女性が着るものという習慣ができたということです。
また、袖を振ることは厄払いにもつながると言われ、結婚式や成人式などの人生の門出に着る着物となりました。

 

振袖の豆知識・歴史

 

振袖の種類

 

振袖の種類には大・中・小の三種類あります。

 

大振袖
大振袖の袖の長さは、三尺(114cm)です。
全面に、華やかな柄があしらわれており、以前は五つ紋が正式でした。
大振袖は、結婚式で花嫁が着用するのが基本です。最近では成人式でも着られるようになりました。

 

中振袖
中振袖の袖の長さは、2尺(76cm)です。
大振袖に次ぐ礼装で、結婚式や成人式に着られる振袖です。
最近は、背の高い女性も増えたので、成人式では大振袖を着る方も増えました。

 

小振袖
小振袖は、観劇やお茶会、お出かけ、パーティーなどで着用される振袖です。
丈が短いのでかわいらしい印象です。
小振袖は市販されていませんので、袖丈を指定して仕立ててもらうことになります。

 

振袖は、30歳を過ぎていても、結婚式などでみっともないという人がいない場合には着ても大丈夫です。
その際には落ち着いた色合いのものを選ぶといいですね。
また、既婚で20代と若い場合でも、振袖は未婚の第一礼装ですので、振袖は問題です。
華やかな色の訪問着などを着るといいですね。

 

 

 

まとめ

 

振袖の歴史と種類について調べていきました。振袖は江戸時代の踊り子さんの振りの流行から、若い女性が着るものという風習に変わっていったのですね。振袖には袖の長さによって、種類があるということです。
大振袖と中振袖は着ている人の背丈にも影響しています。最近は170cmを超える長身の女性も多いので
大振袖を着る人も増えているということでした。30歳を過ぎての振袖も未婚であればOKということですが
落ち着いた色の着物や落ち着いた形の帯を使うことで、年齢相応の落ち着きを出すのもよいですね。

 

 

着物買取(リサイクル)トップページへ