着物の染めの種類

着物の染めの種類を覚えておこう。

着物の染めの種類には、三種類あります。手書き・型染め・絞り染めの三種類です。

 

着物の染めの種類

 

着物の染め方

 

1. 手書き染め
手書き染めは、柄を手で描き出す染めの技法です。筆を使って白地に下絵を描き、隣り合った色が混ざり合わないように糊を置いて防染してから刷毛色を入れて染めていきます。
手書き染めの場合でも、ロウケツ染めロウで防染して描いていく手書き染めになっています。
手書き染めで有名なものには、友禅染めがあります。
職人さんの手で一つ一つ描かれているので、手書き染めはとても高価な着物になっています。

 

2.型染め
渋紙などを切り抜いた型紙を使って生地に細やかな模様をつけるのが型染めになります。
型染めの代表的な着物には、小紋があります。小紋はごく小さい柄を生地全体につける染め方で
柄が細かいほど格式が高く、礼装にも用いられます。
型染めには、型を使って染料を入れる方法と型で糊を置いて防染して染める方法があります。

 

3.絞り染め
絞り染めは、古くからある技法です。白生地に糸でしばったりクリップでつまんだりして染料が入り込まないように防染してから、染料に漬け込みます。生地全体を細かく絞ったものは総絞りといわれ
生地を多く使うので、着物にすると高価な着物になります。

 

着物の染めの種類

 

 

 

着物の代表的な染め方

 

友禅染め
友禅染めでは、まずもち米とぬかと塩を混ぜた「糸目糊」というものを模様の輪郭線においていき
そのあとに色を挿していきます。糸目糊が堤防のような役割になって、染料が広がるのを抑えてくれますので
色が混ざり合うことを防ぐことができます。最後に糊を落として完成です。

 

ろうけつ染め
色をつけたくないところを防染するという技法は、友禅染と一緒ですが、ろうけつ染めでは、
ロウを使って防染しています。ロウはのりに比べると防染力が弱いので、自然な滲みができたり、ひび割れた
ような模様が浮かび上がります。

 

絞り染め
布をたたんで、糸をきつく縛ったり、板を挟み込んだりして、染めたくないところを作り、それ以外のところを染料で染めます。いかに、染めない部分を綺麗に表現するかということが研究されてきました。

 

着物の染めの種類

 

 

 

 

まとめ

 

着物の染めの種類について調べていきました。絞り染めは型などがなかった時代からもあった染め方の様子ですね。偶然に作られる形がなんともいえず情緒があり人気の様子です。友禅染めは、京友禅や加賀友禅、江戸友禅とその土地によって種類があるのですね。

 

着物買取(リサイクル)トップページへ