結婚式等の着物の着こなし

結婚式の着こなし等

結婚式などの席ではどのような着物の着こなしをするといいのでしょうか。
未婚者・既婚者の着こなしをシーン別に調べていきました。

 

結婚式等の着物の着こなし

 

 

 

結婚式に姉妹親戚として呼ばれた場合

 

未婚者の場合には、20代の未婚者であれば、振袖が華やかで好ましいです。
未婚女性でも振袖に抵抗のある世代でしたら、色留袖を選びましょう。
色留袖は黒以外の留袖のことです。未婚でも既婚でも着ることができます。
この場合には、着付けの際に華やかでフォーマル感のある変わり結びをオーダーしましょう。
若々しさやかわいらしさをアピールできるといいですね。

 

既婚者の場合には、黒留袖を選びます。黒留袖は既婚女性の第一礼装ですので、どんなに若くても
既婚者であれば黒留袖と言われる場合もありますが、式に列席しない親族や黒留袖を着るには若すぎる
世代などは色留袖を着てもいいでしょう。

 

結婚式等の着物の着こなし

 

 

結婚式に同僚友人として出席する場合

 

未婚女性は振袖で華やかにお祝いしましょう。あくまで花嫁さんが主役ですので、花嫁さんより
派手にならないように柄などが被らないように相談してみるといいですね。
振袖以外には、訪問着や付け下げ、一つ紋をつけた色無地などもいいです。

 

既婚者女性であれば、訪問着や色留袖、色無地などを三つ紋または一つ紋で着ることができます。
さらに若いミセスであれば、振袖でお祝いすることもありますが、格式を重んじる結婚式や
しきたりにうるさい親族がいる結婚式では友人でも振袖は避けたほうがベターです。

 

 

 

お葬式や普段着は?

 

お葬式の際には、黒喪服を着るのが喪の礼装です。
五つ紋をつけて、黒の帯を合わせます。関東では羽二重、関西では一越ちりめんで作ります。
未婚、既婚、ともに着用します。

 

普段着には小紋や紬を着ます。
同級会や結婚式の二次会、観劇、ショッピング、友人との食事、美術館巡りなど
正式な場以外はほとんど着ていくことができます。

 

まとめ

 

シーン別に未婚者と既婚者の着物のきこなしについて調べていきました。
お祝いの華やかな席においては、未婚者は振袖、既婚者は若ければ色留袖などで華やかに演出して
お祝いするのが良いということですね。30代を過ぎた未婚者でも振袖を着てもよい様子ですが
少し抵抗がある場合には訪問着など落ち着いた感じで、帯などで華やかさを出すとよいかもしれません。
着こなしを守って、新郎新婦をお祝いしてあげたいものですね。
お葬式や普段着に着る着物には、未婚既婚の区別はないようですね。

 

結婚式等の着物の着こなし

 

 

着物買取(リサイクル)トップページへ