着物とゆかたの違い

着物と浴衣はどう違うのでしょうか?

着物と浴衣はどう違うのでしょうか?
着物は冬に着るもので、浴衣は夏に着るものということなのでしょうか。
調べていきました。

 

着物とゆかたの違い

 

浴衣の特徴

 

浴衣は夏に着る薄手の木綿の着物です。

浴衣は着物の一種です。

 

着物の形と浴衣の形は一緒です。

昔はお風呂上りに寝間着として使用していました。
暑い季節には、お風呂上りに浴衣をきて、夕涼みをして、そのまま浴衣姿で就寝していました。

 

昔は、色も白や紺のものが多く、昭和30~40年代までは浴衣を寝間着として着る人も多かったです。

 

現代では、浴衣は、夏の遊び着となっていますので、いろいろな色のものがあります。
外出着としての浴衣になりましたが、素材は木綿が主体で、裏地のない仕立てになっています。

 

 

着物の特徴

 

着物と浴衣は同じ形状をしています。着物には裏地のあるものと裏地のないものがあります。
裏地のないものは6~9月の時期に着ます。裏地のあるものは、10~5月に着ます。
素材や木綿や絹、ウールや化学繊維と様々で、生地の織り方も多様です。
着物は同じ形ですが、染め方や織り方で様々な用途の着物が出来上がります。
華やかで袖の長い振袖から、部屋着に近い普段着まで幅広くあります。

 

浴衣と着物の違い

 

浴衣は着物の仲間であり、形も一緒です。
浴衣と着物の一番の違いは、それを着て眠るかどうかということです。

 

素肌に着て眠ることができるのが浴衣で、そうでないのが着物です。
今は浴衣は外出用に着るので、素肌に着ることがありませんが、寝間着にしたり湯上りに着たりするのは
浴衣だけで着物では寝ることはしません。

 

浴衣というと、今では花火大会などに着ていく華やかなものを想像しますが
昔からの浴衣というのは、旅館にあるような寝間着にもなる浴衣がイメージされます。
浴衣には、下に着るものは下着だけになりますが、着物の場合には、長じゅばんや半じゅばんを着ます。

 

 

まとめ

 

浴衣と着物の違いについて調べていきました。浴衣は着物の一種であって、形も着物と浴衣は一緒です。
浴衣はそのまま着て眠れる着物を指すということなのですね。

 

最近は華やかな色や柄の浴衣も増えてきて帯などもきちんとしたものがあったりしますので
着物に近いイメージがありますが、昭和時代に寝間着代わりに着ていた浴衣というのは
旅館などで着るシンプルなものだったと推測されます。

 

浴衣を外出時に着るのは基本的に夏だけだそうです。寝間着としてや芝居や踊りのお稽古着としては
一年中着られることもあるということでした。

 

着物とゆかたの違い

 

トップページへ