ウールの着物の良い点

ウールの着物の良い点

ウールの着物は家でも洗えます。ウールの着物のよいところを調べていきました。

 

ウールの着物の良い点

 

 

ウールの着物はカジュアルに着れる

 

単の着物ですが、暑さがひと段落した初秋から春まで秋冬春と楽しめます。
ウールマークセーターと一緒で、お家でおしゃれ着洗いで洗うことができます。
しわになりにくく水にも強く、丈夫で、普段着の着物としても重宝します。
ウールなので、虫がつく可能性がありますので、保管時には防虫剤を入れておきましょう。

 

ウールの着物は、暖かな素材で絹に比べるとやや重みがあり、基本的には裏地のない単で仕立てられます。
昔のウールは純度の高い上質なウールがほとんどなので、保温性に優れていて、単仕立てでも袷着物と
同じく冬でも問題なく着れます。

 

温度を自動的に調節してくれるので、気候に合わせて秋冬春と楽しめる素材になっています。

 

ウールの着物の良い点

 

 

自宅で洗濯もできる。

 

ウールのセーターと同じように、自宅でもおしゃれ着洗いで洗濯することができます。

 

ウールは汚れにくく汚れが落ちやすいので、ちょっとしたシミであれば、その場で汚れた部分を
固く絞った布でたたいたり、汚れ部分を水洗いすると汚れが落ちます。
中性洗剤またはおしゃれ着洗いの用の洗剤で手洗いするか、洗濯ネットに入れておしゃれ着洗いコースで
洗うことができます。

 

水に強くしわになりにくい素材であるので、雨の日やおでかけ、バーベキューでも大丈夫です。
普段使いで着れる着物には木綿の着物がありますが、木綿の着物よりもしわになりにくいのが特徴です。
きちんとたたんでおけば、アイロンがなくても着ることができる優れものとなっています。
単仕立てで、長くつるしておいても布たるみがなく、そのままハンガーにかけておけます。

 

ウールの着物の良い点

 

 

まとめ

 

寒い日にもカジュアルに着れるウールの着物について調べていきました。
寒い日にでも着れますし、価格も1万円くらいから購入できますので、おしゃれを楽しむのに
とても良い着物だと思います。家で洗濯できるというのもお手入れが楽でいいですね。

 

虫が食いやすい素材なので片づけるときには防虫剤をしっかり入れておいてください。
裏地のない単の着物となっていますが、素材そのものが保温性があるので、着やすい着物となっています。
柄もいろいろなものがありますので、自分好みのおしゃれを楽しめそうです。

 

ウールは普段着ということで、着て気持ちの良い気候のときに着るとよいお着物です。
4月のお花見の時期くらいまで着ていても大丈夫ということですね。

 

 

 

 

着物買取(リサイクル)トップページへ