普段着におすすめの着物、着付けの手順

普段着におすすめの着物

着物を普段から着るためにはどんな素材のものを選ぶといいのでしょうか。
普段使いの着物について調べていきました。

 

普段着におすすめの着物、着付けの手順

 

普段使いにおすすめの着物

 

着物を普段でも着る場合には、着た時にしわが目立たない、少々の汚れがついても目立たない、体の線が出ないなどの着物を着用するといいですね。

 

そして、いつも着るものですので、自分で洗濯ができるものだとベストです。素材としては、木綿やウールの着物、化繊の着物などがおすすめです。紬や小紋の着物もいいですね。

 

紬の中では大島紬などは高価な着物ですが、着物の格としてはおしゃれ着に分類されます。食事会や観劇、お茶会、美術館巡りなどちょっとしたお出かけに似合う着物となっています。
最近はポリエステル製の着物も販売されているので、家でも洗濯できて手軽に着物を楽しむことができるようになっています。

 

 

 

普段着の着物の着付けの手順

 

普段着の着物の場合は、美容院などで着付けを行っていただかなくても、ネットの写真や動画を見て自分で着つけることが可能です。

 

着付けは普通の着物と一緒で、

 

足袋→和装下着→裾よけ→肌襦袢→長襦袢→着物

 

の順番で着ていきます。
木綿やウールの着物は、生地も初心者でも取りあつかい易い素材となっているので初心者の方にもおすすめできる着物となっています。

 

帯は名古屋帯などの短いものから、最近ではリバーシブルタイプになっている半幅帯もありますので、結び方を工夫してアレンジしていきましょう。
ウールや木綿の着物などは着物リサイクル店に行くと、1000円くらいから手に入りますので、気軽に着物を楽しみたいという方は、リサイクル店で着物を探してみるといいかもしれません。
着物リサイクル店で探すと着物に詳しい店主さんが、着物のことや帯のことなども相談に乗ってくれますのでいろいろ話を聞いてみるといいですね。

 

 

 

普段着の着物のまとめ

 

普段使いできる着物についてお伝えました。正絹の着物で正装するのが着物を着るというイメージでしたが
手軽に着物を楽しめるように、木綿の着物やウールの着物、ポリエステルの着物も最近は安く手に入るので、
リサイクル品を利用してみるというのもいいですね。和装は日本女性の風情もありますし、自分にあった着物を着こなしているというのはとてもかっこよく見えます。自分に似合う着物をみつけて、自分で着れるようになると着物を着ることも楽しくなるかもしれませんね。着物リサイクルの専門店などもありますので、1000円くらいから探して着てみるといいですね。

 

普段着におすすめの着物、着付けの手順

 

着物買取(リサイクル)トップページへ