着物を少しでも高く買い取ってもらうためにやる事

着物を少しでも高く買い取ってもらうために

着物を査定に出した時に、少しでも高く買い取ってもらいたいと思うことが普通だと思います。
少しでも高く買い取ってもらうには、どのような準備をしておくといいのでしょうか。
調べていきました。

 

着物,高く買い取ってもらう

 

 

付属品や小物類はとっておいて一緒に出そう。

 

着物についている証紙などはきちんととっておきましょう。その着物がブランド品だという証拠になります。
また、着物を着るときに使った小物類などのアクセサリーも取っておいて、できれば一緒に出せるといいですね。
着物を単品で出す場合よりも同じ柄の小物類があることで、査定額は大幅にアップします。

 

着物を購入したときについていた保証書や産地証明書はそのままそっくりとっておきましょう。
高価なものやブランド品の場合には、産地を証明した説明書などが付属している場合がほとんどですので
きちっととっておいて査定の際に一緒に出すと査定額はアップします。

 

また査定に出すときには、ほこりやよごれなどはない状態で出せるといいですね。
着物を売るときには、着物単品で売るよりも一緒に着ていた帯や帯紐、伊達衿なども一式コーディネートで売ると高値が付く場合もあります。

 

着物,高く買い取ってもらう

 

着物のケアをしておこう。

 

着物を査定に出す前に、陰干しをして防虫剤の匂いをとっておき、水分をはらって、カビなどが生えていないかチェックしておくといいですね。
穴が開いている場合や汚れのある場合は無理に自分で落とそうとせずに、そのまま査定に出しましょう。

 

汚れを自分で落としたり、穴をふさいだりすると、生地が傷んでしまい、査定額が落ちる場合がありますので、注意してください。
着物を保存する時には着た後はきちんと陰干しをして汗などをとばしておき、綺麗に畳んでしまうようにしましょう。

 

あまり着ないものについては、タンスに入れっぱなしに
せずに、年に1回は陰干しをして着物のチェックをしておくといいですね。保存状態の良い着物は高値で査定してもらえる可能性が高いです。

 

着物,高く買い取ってもらう

 

着物を高く買い取ってもらうことのまとめ

 

少しでも高値で買い取ってもらうためにできることについて調べていきました。
古いものだと小物類や保証書などがない場合もあるかもしれませんが、正絹の状態の良いものや人気のあるもの、人間国宝のものや、ブランド品などは高値がつくこともありますので、
保存状態をよくしておいて、汚れなどがない状態で査定に出せるといいですね。

 

少しでも高く着物が売れるように、日頃のケアをきちっとしておきましょう。

 

 

着物買取(リサイクル)トップページへ