着物におけるマナー

着物におけるマナー

着物を着た時の所作によっては凛としたたたずまいの素敵な女性に見えます。
着物におけるマナーについて調べていきました。

 

着物におけるマナー

 

着物を着た時の姿勢と歩き方

 

着物を着た時の姿勢については、背筋をピンと伸ばします。
つま先が開かないように、体の中心に力を入れて、内股気味に立ちます。
片足を軽く後ろに引くと、より綺麗な立ち姿になります。
着物姿でいるときには、立っているときも、座っているときも姿勢をぴんと伸ばすといいですね。
肩の力は抜いて、心持ち肩を後ろに引いて、うなじを伸ばすようにすると美しい姿勢になります。

 

着物を着て歩くときには、裾を乱さなように、歩幅を小さくとって歩きます。
軽い内股でまっすぐに足を運んでください。よちよち歩きにならないように気を付けてください。
歩くときにはかかとを引きずらないようにして、一本の線の上を歩くように歩いてください。
バックを持つときには左手で持つようにして、右手は軽く肘をまげて上前においておきましょう。

 

着物におけるマナー

 

着物を着た時の座り方

 

正座するときには、しゃがみながら、手で膝の下を払うように撫でて、
裾がきれいに折りたたまれるようにします。座ったら袖を軽く払い、体の両側へ流します。
和室で座布団を進められた時には、足を乗せずに座布団の前でいったん座ってから
握った両手を座布団の左右について膝をのせていくようにしましょう。
椅子に座るときには、足を組まないようにしましょう。
浅めに腰かけて、バックは腰と背もたれの間に挟んで、膝はこぶしひとつくらいあけて座ります。
足を軽くハの字にして、一方を10cmほど前に出しておくと疲れにくいです。

 

 

 

食事の時のマナー

 

着物にはたもとがあるので、テーブルの上のものがひっかかることがあります。
グラスをとったり手を伸ばす動作の時には、もう一方の手で袖をつまんで、たもとがテーブルの上のものに
当たらないようにしてください。
テーブルとの距離はこぶしひとつほどがちょうどいいです。
上等な着物を着ているときには、ナプキンは帯の上からかけるようにするといいですね。

 

着物におけるマナー

 

まとめ

 

着物を着た時の姿勢や歩き方、座り方、食事の際のマナーなどについて調べていきました。
着物を着たときは洋服とは違い、動きにくさを感じることもありますが
動作一つで美しく見える着物でもありますので、立ち方や歩き方にも注意して、素敵な佇まいで
特別な時を過ごすことができたらと思います。
着物を着たら姿勢をぴんと正すことが大切な様子ですね。

 

着物におけるマナー

 

トップページ