着物,左前

着物の前合わせは左が前? 間違えない覚え方

どっちだっけ?着物は左前?? 覚える方法はないのー!

 

着物を着るときに、右を前にするのか、左を前にするのかわからなくなる時があります。
間違えない覚え方について調べていきました。

 

着物,左前

 

着物の前合わせは左が前? 間違えない覚え方とは!

 

着物は右前に着ます。着物は左右が同じ形の衿から見ごろが続いた衣装ですので、どちらから
合わせるかによって衿の出方が変わります。

 

着物を着るときの前の意味は、時間が前という意味で、先に合わせた方を前と呼びます。
右前ということは、右を先に合わせるということです。
なので、前から見ると、左が上にきている状態です。

 

右利きの人が多いので、右を先に合わせるという風に覚えておくといいですね。
左前にすると仏教の葬式で亡くなった人に着せる着せ方になるので注意が必要です。

 

着物,左前

 

 

どうして左前なの? 由来や意味とは?

 

なぜ、右前に服を着るようになったかというと、奈良時代の養老三年に出された「衣服令」という
という法令の中にある「初令天下百姓右襟」という一文が起源であるといわれています。

 

このときから、庶民は右前に着なさいと言われ、これ以降、着物を右前に着るようになったと
言われています。この背景には、中国の思想などの影響により、左の方が右より上位であったことから位の高い高貴な人にのみ左前が許されており、庶民は右前に着ていたという経緯があり
聖徳太子がこれを日本でも普及させたと言われています。

 

死者に着せる着物が左前なのは、誰でも死ぬと位が上がって神や仏に近づくとして、貴人と同じ左前に着せたからだと言われています。

 

着物,左前

 

 

着物の前合わせのまとめ

 

着物でいう右前というのは、前というのは時間が前という意味なのですね。
見た目は左前になっていますが、右利きが多いから右を先に合わせると覚えておくといいですね。

 

ちなみに、洋服の襟合わせが男性が右前で女性が左前なのは、ボタンのついた服ができたのは13世紀のヨーロッパと言われていますが、当時から右利きの人が多かったために
ボタンをはめる際に、自分から見て右側にボタンを持ってくる方が着やすいためというのがありました。
では、なぜ女性は逆なのかといいますと、当時、ボタンがついているような服を着れたのは

 

上流階級の人のみだったのですが、男性は自分で着ていましたが、女性は使用人が着替えをしてくれていました。
使用人がボタンをはめるには、男性とは逆にボタンがついていた方が便利だったからということです。
ちょっとややこしいですね・・・。

 

着物,左前

 

トップページへ