着物の着付けに必要なものリスト!

初心者でも大丈夫! 着物の着付けに必要なものリスト!

初めて自分で着付けをしようとするときにはいったい何が必要になるのでしょうか。
着付けに必要なものについて調べていきました。

 

 

 

着物の着付けに必ず必要なもの!

 

初めて着物を着るときに必要になるのは以下のものです。

 

 

1. 肌襦袢(着物用下着)と裾除け
いろいろなタイプの肌襦袢がありますが、襟ぐりが空いていればタンクトップでもいいです。
2. 長襦袢
襦袢は着物のすぐ下に着ます。半襟や袖など外からちらりと見える部分で個性を出すとおしゃれです。
3. 腰ひも
着物を固定したり、帯を結ぶときに使います。三本以上あると便利です。
素材は、あまり長すぎず、つるつるした素材でないものが使いやすいです。
4. 伊達締め
襦袢、着物を固定するのに使います。二本あるとベストです。
5. 足袋
基本的に白色が多いですが、柄物やレース物もあります。
6. 帯
7. 帯枕(帯の後面でお太鼓を作るもの)
8. 帯板(帯の前面を整えるもの)
9. 帯あげ(帯枕を固定して前面を華やかにするもの)
10. 帯締め(帯を固定してアクセントになるもの)

11. 履物

 

着物のレンタルなどだと、一式すべて借りることができます。
自分でお着物を持っているという方は一式そろえておくといいですね。
着物はもちろん必須です。タオルなどもあるといいですね。

 

 

あると便利なアイテムもご紹介!

 

あると便利なアイテムは

 

補整用品
ウエストやヒップラインを目立たなくするのに必要なものです。
パット類の他に、タオルでも代用できます。2~3枚準備しておいてください。

 

和装用のブラジャー
バストを小さく平らにするために、和装用のブラジャーをします。
バストが大きめの方は、和装用のブラジャーをすることで、美しい着物姿になります。

 

コーリンベルト
腰ひもと同じような使い方ができます。ベルトでしっかり固定できるので
衿元の着くずれ防止になります。

 

びょうじめ
伊達締めの代用として使えます。マジックベルトになっているので、初心者でも使いやすいです。

 

 

着物の着付けに必要なものリストのまとめ

 

着付けの際に必要なものを調べていきました。数多くの種類のものが必要になってくるのですね。
レンタルで借りる場合には一式ついていて、着るだけになっている場合もあります。

 

自分で購入される場合には、呉服屋さんに出向いて、お店の方と相談しながら購入すると購入漏れがなく揃えることができますのでお勧めします。
着付け教室などに通うと一式購入できたりもしますので、調べてみてください。
着付けを依頼した美容院などで、必要なものを知らせてくれる美容院もありますので参考になさってください。

 

 

トップページへ