着物を上手に着る着方のコツを伝授!

自分でもできる! 着物を上手に着る着方のコツを伝授!

着物を着たいけれど、自分で着るのは大変だし・・・。と思います。
そんな自分でも着れる着物の着方について調べていきました。

 

 

初めて着物を着たいけど、初心者の私にもできるかな?

 

着方については

 

@ まずは足袋を履いて、肌襦袢を着ます。
着物を着た後に足袋を履くのは大変なので先に履いておきましょう。

 

A 襦袢を着ます。
衿元を合わせて、衣紋を抜いてください。衣紋とは、衿の後ろの空き具合のことです。
普段着の場合は、指三本程度、小紋などのちょっとした外出着はこぶし一個程度です。
衿物と合わせ方は、ミスの場合は、のどのくぼみが隠れる程度、ミセスの場合はのどのくぼみから
下へ指1〜3本ほどです。

 

B 着物を着ます。
着物を羽織り袖を通します。共衿先と衿下を合わせます。
背中心が曲がらないように注意します。この時に、後襟を長襦袢の衿と重ねてピンチで止めておくと
着物が肩から外れたり、背中心がずれたりするのを防げます。
長襦袢の袖ときものの袖をそろえておきます。
衿をもって、着丈を決めます。着丈がずれないようにしっかり引いておきます。

 

C 帯を締めます。
帯は様々な種類がありますので、出かける場にあったものを選ぶようにしましょう。

 

詳しい着物の着方については、着物の着方で検索すると動画や写真などで細かく説明されているので
参考になさってください。

 

 

 

 

着崩れしてしまったときの簡単な直し方!

 

@ 衿元がゆるんできた場合
着物の裾を持ち上げて、長襦袢の後ろ見ごろの背縫いを両手でつかみ、
下に引っ張って前衿のたるみを直します。

 

A お端折が乱れた場合
帯の下側に手を入れて、手の平で横になでるようにしてたるんだ部分を左脇に送ります。
たるんだ部分をタックをつけてたたみ、後ろ見ごろに倒します。

 

B 腰にたるみが出てきた場合
お端折をめくりあげ、腰ひもの上のお端折を内側にもってたるんだ部分を引き上げます。
腰にしわができたら、左右に広げて伸ばし、お端折もきれいに直します。

 

 

 

まとめ

 

着物の着方について調べてきました。初心者の場合にはまずは各部分の名前を覚えることから始めるといいかもしれません。
お端折をきちんと整理することも大事になってきますね。
動画や写真などを参考にしながら、着付けの練習をしてみてください。

 

足袋は最後に履くのは大変なので、先に履いておくことを気を付けてください。
靴下感覚であとにしようとすると動けなくて大変なことになります。

 

 

トップページへ