遺品買取とは

遺品買取とは?高値で買い取りされるものを紹介します。

遺品整理とは、亡くなった方の持ち物などを家族などが整理することになりますが、中には骨とう品であったり着物であったり、アクセサリー類であったりと買取をお願いすることで高く売れるものも存在します。

 

遺品買取とは

 

 

遺品買取で高値がつく物

 

遺品買取において、高値で買い取りされるものには以下のようなものがあります。

 

金製品
金の値段は日々変動しています。金は現物ですので、その価値はなくなりません。どんな時代であっても金現品は時には高い値段で売れることもあります。相場をチェックして価格などを確かめてみるといいでしょう。

 

貴金属
指輪やネックレス、ブレスレット、ピアス、イヤリング、ブローチなどのアクセサリー類も高値で引き取ってもらえる場合があります。ネックレスなどのアクセサリーとして売るのか、金として素材として売るのかなどは
そのデザイン性や人気の度合いによっても変わります。ローレックスなどの時計は、時計として品物で売った方が断然高い値がついています。箱などもそろっているとなおいいです。

 

金歯や金縁眼鏡
金歯なんて売れるのかとお思いになる方も多いかと思いますが、金歯や金縁眼鏡の金などは高く売ることができます。金の含有量が高ければ高いほど、高価買取が期待できます。

 

プラチナ製品
プラチナの指輪などは、金よりも高い価格で買い取ってもらえることが多いです。
指輪やアクセサリー類には裏に刻印がありますので、素材などを確認しておくといいですね。

 

勲章
勲章の価値は、歴史的な価値と美術品としてのコレクターによる人気度などの付加的な価値によって決まります。一般的には階級が上位の勲章が高値がつきますが、下位のものであっても希少価値が高いものには高値がつきます。

 

洋酒
プレゼントでもらったものやコレクションになっている遺品として多いものの一つです。
高級品や年代物は人気も高く、買い手も多いので、すぐに売れます。

 

遺品買取とは

 

遺品買取のまとめ

 

そのほかにも、釣り用品やオーディオ用品、ゴルフ用品などもブランドものなどは高価買取ができる可能性もあります。
仏壇やトロフィーなども売れるそうです。仏壇を売る際には、お寺などで今までありがとうございましたと魂抜きをしてから処分するといいということです。

 

トロフィーは金やプラチナなどの貴金属が入っている場合には価格が上がります。
会社名などが入っているものは売れないことが多いです。オークションなどに出すと珍しいものは売れることもある様子です。

 

遺品買取とは

 

トップページへ