着物,立ち振る舞い,マナー

着物を着た時のマナーについて調べていきました。

着物を着た時のマナーについて調べていきました。

 

 

着物を着た時の立ち方と歩き方

 

着物を着た時に美しく見える立ち方は、背筋を伸ばして、前をまっすぐ見て、顎を引きます。
足はこぶしひとつくらいあけて、つまさきを合わせるようにハの字にして一方の足先を、足半分前にします。
こうすることで、安定してたっていられるようになります。
重心を前に出した足にかけると、控えめな感じであっても凛としたたたずまいになります。

 

歩くときには、やや内股で、スカートで歩く時よりも歩幅は狭くして歩きます。
かかとを引きずらないようにして、一本の線の上を歩くように歩きましょう。
バックを持つのであれば、左手にもって、右手は軽く肘をまげて上前においておくと、裾の乱れも防ぐことができ、美しい歩き方になります。

 

着物姿で優雅に動くには、裾さばきと袖の扱いがポイントとなります。
動くときには、右手で着物の重ねを軽く持ち、動作で裾を乱さないようにしましょう。
袖はぶらぶらさせないように、腕が見えすぎないように気を付けてください。

 

 

着物を着て座る場合

 

着物を着て正座する場合には、しゃがみながら、手で膝を払うように撫でて
裾が奇麗に折りたたまれるようにしましょう。座ったら袖を軽く払って体の両側に流します。

 

着物を着て椅子に座る場合には、軽く褄をとって座ります
振袖は両側に折りたたむようにすると床を引きずりません。

 

 

階段を上る場合

 

階段を上るときには、裾を踏まないように気を付けてください。
階段を上るときには、右手で着物を少しつまんで裾を短くして上がります。
足の裏を三分の二ほど階段に置くようにして上がります。
階段を降りるときには、体と足を少し斜めにして、足の裏全体が階段に接するように降りると安全です。
裾が長い場合には、右手で裾を持ち上げて足元が見えるようにすると安全です。

 

 

 

着物を着た時のマナーのまとめ

 

着物を着た時の立ち振る舞いのマナーについて調べていきました。
着物で動くときには、裾を踏まないようにすることや袖をぶらぶらとさせないようにすることなどで、より優雅にこなれた感じに見えるということです。
基本的には着物の着こなしが崩れないように、歩いたり、座ったりすることが必要になります。階段を上るときなどは右手で裾を持ち上げて、歩幅は狭くあまり、大股で上ることはしないほうがいいですね。
足元が見えるように裾をもつと安全でしょう。車に乗り込むときには、お尻からのって足をそろえて乗るといい様子です。
帯がつぶれてしまわないように、座るときには浅く腰掛けるのがよいでしょう。

 

 

トップページへ