着物の格

着物の格は着物の素材や織り方がポイント!

 

着物の格

 

着物の格は着物の素材や織り方で決まります。

 

素材は、正絹、麻、木綿、ウール、化繊の順番でその格が高いです。
正絹が一番高く、化繊が一番低くなっています。
夏の素材の場合には、麻、綿、ウールの順番になります。
織り方としては、羽二重、りんず、お召、ちりめん、紬の順番で格が高いです。

 

羽二重
羽二重は上質で厳密な平織りの絹織物の生地で、留袖や振袖などの礼装や訪問着に使われています。

 

りんす
地紋を織り出した絹織物です。絹の輝きがまばゆいです。

 

お召
先練り先染めの高級絹織物です。しぼが、縮緬よりも細かくなっています。
縞、絣などの柄や、絵羽お召、縫い取りお召、上布お召などがあります。

 

縮緬(ちりめん)
表面に細かいしぼがある絹織物です。白生地を織って後染めする場合が多いです。
しぼが特に細かく高級感のある一越ちりめんや地紋が浮き出ている紋縮緬があります。

 


均一な絹織物にならないくず繭を紡いだ太くて節のある紬糸でつくるために表面に凹凸があります。
高価なものですが、普段着用です。先染めの絣と後染めの生成り地があります。
ざっくりとした素朴さと渋い光沢が魅力です。軽くて張りがあり温かいです。

 

木綿やウール
普段着として着る着物に使われている素材になります。木綿の着物は通気性に優れており、肌触りが良いです。
ウールは厚手の毛織物です。丈夫でしわになりにくい特徴があり、しみにもなりにくいです。着物に仕立てるときには単衣に仕立てます。

 

ポリエステル・キュプラ・レーヨン
化繊の着物になります。普段着用になりますが、家でも洗うことができます。
軽くて張りがありますが、吸湿性や通気性はほとんどありません。

 

着物の格

 

 

着物の格のまとめ

 

着物の種類や生地について調べていきました。羽二重の着物などは上質の絹織物となっており、振袖や留袖などの礼装と呼ばれる着物に使われている生地や織り方になります。
普段着としてよく着られているのは、昔からですと、木綿やウールの着物が多いです。現代ではポリエステルなどの化繊で作られた着物も市場に多く出回っています。

 

着物買取などで高値が付くのは正絹の着物になります。正絹の着物は管理なども難しいですので、クリーニングなどは専門のクリーニング業者にお願いするといいでしょう。
木綿の着物は浴衣などにも使われています。通気性が良く、吸水性もいいので、夏の暑い時期に着るにはぴったりの素材となっています。
ウールの着物も温かいですが、虫がくいやすいので管理には気を付けて下さい。

 

着物の格

 

トップページへ