ブランド商品の付属品は大切に取っておく

ブランド商品の付属品は大切に取っておく

 

 

ブランド商品についている箱や袋などの付属品は全部きれいにとっておくことが
高値で買い取ってもらえるコツの一つとなっています。

 

ブランド商品の付属品は大切に取っておく

 

 

ブランド商品の付属品は捨てないで!

 

ブランド商品を購入すると商品の入っていた袋や箱があると思いますが、それらのものは
捨ててはいけません。
買い取りを希望したときに、この袋や箱があることで、査定の金額が大きく変わります。

 

着物も一緒ですが、買った時の状態をキープしたままで袋や箱などの付属品もとっておきましょう。
ブランド品を購入した時についてくるブランドカードや取扱説明書、保証書なども大切な付属品であります。本物であることを証明するものにもなってきますので、大切に保管しておきましょう。

 

ブランド品を購入した際についてきたスカーフや飾り物などの小物類も誰かにあげてしまわずに取っておくと買い取りしてもらう際には高値で買い取ってもらえることもあります。
買取を行うときには、新品の状態からの値引きということになりますので
いかに新品に近い状態で保存しておけるかが重要になってきます。

 

 

 

使わないものなどは新品の状態をキープしよう。

 

使わずにとってあるような着物やブランド品は、保存状態も新品同様に保存できるように
するといいですね。着物はカビが生えないようにきちんとしまってください。
ブランド品だと証明するものはすべてとっておきましょう。

 

使わないものであったとしても、買取をしてもらうことを念頭に置きながら
定期的にメンテナンスを行うことも重要です。

 

着物であれば、防腐剤を入れ替えるとか、陰干しするなど、メンテナンスを行ってください。
自宅にある着物でも質のいいものだと、何十年たっても着れるものもあります。
ブランド品であれば、なおさらほしいと思う方もいると思うので、その保存状態が重要になります。

 

まとめ

 

ブランド品の付属品はとっておいたほうが高額査定につながります。
ブランド品が入っていた袋や箱、取扱説明書や保証書などもすべて取っておきましょう。
使っていないものであっても、定期的にメンテナンスを行って、より新品に近い状態を
保っておくことで、高額査定につながります。

 

着物もタンスにいれっぱなしにしないで、定期的にお手入れをして、高額査定を目指してください。
紬の着物だとそれぞれに特徴があり中古品でも丈夫に出来ているので、ダメージもあまり感じさせず、高価なものですので、付属品が完備されていることでより高く買い取ってもらえるかもしれません。

 

 

 

トップページへ