着物,買取価格

着物の買取価格はどのような料金体系?

着物の買取価格はどのような料金体系になっているのでしょうか。

 

着物,買取価格

 

 

高く売ることが出来るのは、正絹の有名作家作品

 

着物でも高く売れるものとそうでないものがありますが、正装などで着用する有名作家の正絹の着物は高く売ることも可能です。結婚式や成人式などの正式な場での着用となりますので、需要が多く、状態が良い物は高く売れる可能性もあります。ウールの着物や化繊の着物などは売ってもほとんどお金になることはありません。着物の状態はカビやミなどがないものが高く売れます。

 

 

着物の買取価格

 

訪問着 9000~42000円
付け下げ8000~11000円
色留袖 4000~12000円
黒留袖 5000~13000円
振袖  12000~45000円
小紋   400~9000円
色無地 2500~5000円

 

 

正装の着物は高めになり、普段着の小紋や色無地などは安めの価格となっています。着物買取専門店で着物を探すとお値打ち品に出会えるかもしれません。以上の価格はノーブランドの商品の場合と言えます。大きめのサイズだと寸法などが直しやすいですので、高めで買い取ってもらえる場合も多いです。小さいサイズは着る人が限られてきますので、安くなるかもしれません。

 

 

有名作家の着物の買取相場

 

牛首紬  20000~69000円
加賀友禅 15000~88000円
京友禅  5000~51000円
志村ふくみの着物 177000~230000円
千總(ちそう)の着物 33000~212000円

 

 

希少価値の高い着物は、買取価格も高くなっています。有名作家の着物を売るときには、有名作家の作品であるという証明の証紙があると高く売れる可能性が高まります。保存状態も大切になってきますので、ときどき陰干しすることで、カビが生えないようにメンテナンスをしておきましょう。有名作家の着物かわからないという場合には、着物専門の買取業者にお願いして、査定してもらうのもいいでしょう。その際には悪徳業者にひっかからないように、実績のある買取業者に頼むといいでしょう。古い着物などは柄など流行に後れている場合もありますので、希望の価格では売れないかもしれません。

 

 

着物は着なくなったらすぐ売ることが高く売れるコツ

着物は自宅で保管することが難しいです。タンスに入れておくとかびてしまうこともありますので、この着物はもう着ないなとなったら、着物買取業者にお願いして買い取ってもらうと高く売れることが多いです。いちばん高く売れるのは新品の未着用のものになりますが、2〜3回着たものであった場合でも状態が良ければ、高値で引き取ってもらえる可能性が高くなります。

 

 

 

着物の買取価格まとめ

 

着物はブランド物であれば証紙があるかないかで査定額に差が出ます。また保存状態なども査定には大きくかかわってきますので、良い着物はきちんとメンテナンスを行っておくといいでしょう。

 

着物,買取価格

 

着物買取トップページへ