【査定アップのポイント】事前に簡単に着物の掃除を!

【査定アップのポイント】事前に簡単に着物の掃除をしよう

家にある不用品を査定に出す場合には、自分で掃除して新品の状態に近づけましょう。
そうすると高値で買い取ってもらえる場合もあります。

 

【査定アップのポイント】事前に簡単に着物の掃除を!

 

着物を新品に近い状態にしよう。

 

買ってすぐのものを下取りに出す分にはいいかもしれませんが、形見分けのものなど、古いものだと
ほこりだったり汚れだったり、しみなどがついている場合もあるかもしれません。
査定を行うのは人であるため、ぱっと商品を見たときに、新品に近い状態のものの方が高く
買い取ってもらえる確率が高くなります。
しかし、着物などは自分でしみを落とそうとすると、生地を傷めてしまう可能性もあります。
普通の洋服を洗う感覚で洗濯機で回したり、ごしごしと手洗いしますと、生地が傷むことがありますので
そうなると高額買取どころか引き取ってもらえないこともあるので注意が必要です。
染み抜きをクリーニングに出すなどして落とす方法もありますが、クリーニングに出すにもお金がかかりますので染み抜きの自信のない方はそのまま査定に出すのがいいかと思います。
素人がすぐに消せる程度のシミや汚れであれば、大幅なマイナス査定になることもありません。

 

 

 

きれいな状態で着物査定に臨めるようにしましょう。

 

着物を包んである袋が古いものだったりする場合には取り替えて新しいものにしてもいいと思います。
保存状態が良ければ、古いものでも高額査定がつくこともありますので、自分がその商品を見たときに
これなら買ってもよいなと思えるような状態で査定に出すのがいいのではないでしょうか。
大きなシミのついた着物や汚れのある着物を買って着たいと思う方は少ないのではないでしょうか。
できるだけ新品に近いような状態で査定に出しましょう。
その際には臭いなどにも気を付けたほうがいいと思います。

 

 

まとめ

 

査定の前に、自分で掃除してきれいな状態で査定に出すことで高額査定につながっていきます。
衣服だと匂いも重要で、ナフタレンの匂いだといいのですが、たばこの匂いがしたり
古い衣服のにおいがしたりして、クリーニングもされていないのかと、なんとも嫌な気分になったことが
あります。見た目はもちろん、臭いなども新品に近いものに近づけられるといいですね。
着物などは自分で洗濯すると痛む可能性があるので、しみなどがあってもそのまま査定に出す方が
かえって良い場合もあります。着物を着た後は、すぐにクリーニングに出してから保存しておくと
いいかもしれませんね。

 

【査定アップのポイント】事前に簡単に着物の掃除を!

 

トップページへ